2017年04月20日

こぼれ話「Ferie vol.58」湖を一周して絶景と絶品に出会う旅 浜名湖 第1話

こんにちは、Ferie編集室の中村彰宏です。


浜名湖といえば?
う  な  ぎ  。
我社の社員に調査したところ、100% この回答!

0D8A6699.jpg

旅においてその土地の名物をいただくのは悪いことではありませんが、浜名湖=鰻 というのは、もう全国的に承知の事実。仮に取材したとしても老舗の○○など取材なれされた常連の店舗さんとなるわけです。読者の皆様も、あまりにも連呼されると「もお、ええっちゅうねん!」となるでしょ。
それよりも鰻に負けない名産や名物を求めて旅を進めることにしました。

0D8A6725.jpg

また、浜名湖には全国から注目される旬の素材がもうひとつありましたね。
それは、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。
ドラマの舞台となったのが浜松市なんです。
編集会議で検討しましたが、あえて乗っかるような取材は自粛して、道中の流れで処理していくこととなりました。

0D8A7387.jpg

南大阪から浜松まではクルマで300kmほど。高速道路が発達した今の環境ではそんなに疲れる距離ではありません。
そして、今回の旅の相棒はジャガーXF PRESTIGE。
2.0リッター 4気筒 ターボチャージド クリーンディーゼルエンジン(180PS)。最先端技術とオールアルミニウム構造を採用したインジニウムクリーンディーゼルエンジンは、非常に優れたと燃費とCO2排出量を実現している高性能な車種。カタログ数値の燃費は16.7km/L (JC08モード(国土交通省審査値・km/L))
そして、実質走行の燃費は16.4km/L となりました。

IMG_2791.jpg

ジャガーほどの名車を検討されていうるユーザーが燃費を気にするのかどうかわかりませんが、勝手ではございますが私所有の某国産コンパクトハイブリット車と比較してみようではありませんか。私の愛車は高速道路を使用した場合、平均燃費が20km/L。燃料はレギュラーガソリン。(燃料のお値段は私がいつも入れているGSの2017年4月数字で試算)

距離100kmで試算すると、
ジャガーXF PRESTIGE ⇒16.4km/L 。給油量6.09ℓ。 99円(ディーゼル)×6.09ℓ=602.9円
某国産ハイブリット車      ⇒20.0km/L 。給油量5.00ℓ。125円(ガソリン)  ×  5.00ℓ=625.0円

おー。
なかなか良い勝負でしたが、ジャガーXF PRESTIGEがお財布に優しいという結果に!
しかも、私のはコンパクト車。同メーカーの同等クラスではもっと差がでたに違いありません。

0D8A6585.jpg

走りについてはどうなんだ?
Ferie世代の皆さんは、ディーゼル車といえばネガティブな印象をお持ちのユーザーも多いのではないでしょうか。

ガラガラガラガラ・・・・・・・・。
モクモクモクモク・・・・・・・・。

ひと昔前は、エンジン音といったら独特のざらついたガラガラ音。そしてマフラーからは強烈な悪臭と黒煙がたっぷり排出され、トラックの後ろを走るようなもの。極めつけはいくら踏み込んでも走らないエンジンにストレスを感じるほど。

私も試乗するまではディーゼ車にこのような印象を持ち続けていました。
さて、、ヨーロッパで人気になっているクリーンディーゼルはいかに?

0D8A7261.jpg

いつものように、ジャガーランドローバー堺の平田さんにご協力をいただいて、1泊2日試乗させていただきました。
質感は、さすがに高級車ジャガー。やわらかで上質な革のシートに包まれる感じは当然のことですが問題はエンジン。スタートスイッチをいつものように押すと気持ちよくエンジンがスタート。アイドリング時の車内フィーリングは静寂そのもの。ディーゼル車とは誰も気付くことはないでしょう。アイドリングのまま車外に出て確認すると、僅かにディーゼルの音がしますが気になるレベルではありません。そして、臭いについては驚くほどクリーンな印象。臭覚に意識を集中させていなければならないほど改善されていることに驚きました。

0D8A6634.jpg

そして、走行時の感想ですが、まずはゼロスタートから。ガソリン車やハイブリット車のような引っ張られるような加速ではありません。太いトルクで押出すような加速フィーリングが特徴。いずれにしても思い通りの加速感はガソリン車と遜色ないといったレベル。一旦流れに乗ってしまえばあとは余裕のトルクで走行してくれます。高速道路の追い越し加速なども試しましたがなんら問題ありません。

0D8A6438.jpg

日本市場において、ハイブリット車が順調にシェアを伸ばしていますが、世界基準で考えればクリーンディーゼル車のシェアはなんと5割にまで成長していることを考えると試乗したジャガーXF PRESTIGEの性能はうなずけるものがあります。

0D8A6407.jpg

そんな感じでドライブを楽しんでいるとあっという間に、東名高速道路、上り浜名湖SAに到着です。
当初、SAでの取材は考えていませんでしたが、サクラエビのかき揚げが投入されたおそばが、美味そうで・・・。急遽予定変更して取材しちゃいました。サクラエビのシーズンは春と秋の年2回。さすが旬のもんは、超ーうまいー!。

こぼれ話は続きます。
posted by Ferie Staff at 17:52| Comment(0) | Ferieロケこぼれ話・裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。