2016年10月01日

こぼれ話「Ferie vol.56」日本の魅力に触れる 美山 第2話

こんにちは、Ferie編集室の中村彰宏です。



最新のSUV車、 ジャガーF-PACEで京都 美山へ到着した編集室一行。時間がゆったりと流れるその情景に、少しずつ穏やかな気持ちになっていくのがわかります。

こぼれ話「Ferie vol.56」日本の魅力に触れる 美山 第1話

こぼれ話「Ferie vol.56」日本の魅力に触れる 美山 第2話

mitoya006.jpg

旅のテーマは「暮らすように旅をする」。あれこれと忙しくするのは封印してゆっくり時間を過ごしているようなイメージで望みました。取材中に気が向けば外をぶらっと歩いてみたり、縁側でまぶたを閉じて泥のように眠る…そんなのも想定内として進めていきます。その地が日本の原風景といわれる場所なら最高でしょ。


mitoya007.jpg

旅でお世話になった「かやぶき一棟貸しの宿 美山 FUTON&Breakfast」さん。今回のテーマにピタッっとマッチしているお宿。「ここしかない!」っとアポを取りました。


mitoya010.jpg

今考えると、電話をしたタイミングが奇跡。といいますのも、国内はもとより海外のメディアでも多く取り上げられている「かやぶき一棟貸しの宿 美山 FUTON&Breakfast」さん。アポ電話をした翌週にもNHKのBS-TBSで紹介されているほど注目されているお宿さんなんです。


mitoya005.jpg

ホームページで宿泊の予約状況が見れるのですが、ずっと満室が続いています。その日、たまたま宿泊させていただいた「美十屋 mitoya」だけが、ポツンと空いていたのです。(キャンセルがあったのでしょうか?)


mitoya009.jpg

ダメもとで電話しましたところ、「っえ?空いてました?」っとオーナーの西尾さんですら驚いていました。「空いているのなら取材OKですよ」っと快く引き受けてくださったのです。


mitoya001.jpg

取材当日、かやぶき職人でもあり、お宿のオーナーでもある西尾晴夫さんは、すごく穏やかにお話をされているのですが、なにものにもぶれないという信念のようなものを感じました。


mitoya008.jpg

かやぶきという太古から続く伝統を受継ぐために全国の職人さんの下へ修行にいかれ技術を習得された時期の話や、その受継がれてきた職人の技術は決してひとりのものではなく「預かりもの」として継承され、現在は若い弟子を育てていること。そして、かやぶきのすばらしさを、全世界に向けて知っていただくために宿泊業を営まれていることなど。いろいろと学ばせていただきました。


mitoya004.jpg

実際に宿泊して、すぐにでも実際に住むことができる設備が整っています。何百年も建っているのだから、そんなことはあたりまえなのですが、きちんと手を入れてるってことなんです。扉のゆがみも調整していますし。田舎なので虫対策の網戸も装備されています。また、夏場でも涼しい環境ですが、クーラーもひと部屋備わっていました。お風呂も最新式。取材中ヒノキ風呂にしたかったのですが…とおっしゃっていましたが今は現代のもです。


mitoya003.jpg

撮影のため囲炉裏に火をいれましたが、夏場はやめといたほうがいいですね。熱くて大変でした。囲炉裏を使わなくともキッチンにはガスも電気もオーブンも備わっておりますのでなんの問題もありません。無事撮影が終了すれば、そのまま宴会の始まりです。


mitoya002.jpg

いつになくお酒が進んだのは、かやぶきというロケーションがそうさせたのかも知れませんね。


京都美山かやぶき一棟貸しの宿

美山FUTON&Breakfast

遊心庵 百日紅(美山FUTON&Breakfastチェックインセンター)

京都府南丹市美山町上司小倉畑8-10-2

TEL:0771-75-5125


tengori003.jpg

読者プレゼントにもご協力いただいた、地元の酒蔵さんである「大石酒造」さんより、差し入れをいただいた「美山 てんごり」、その日の撮影後あっという間に飲乾しちゃいました。「うまい、うまい」。


tengori001.jpg


あまりにも美味しくて、翌日、自分へのお土産としてまた買いに行ったほど。

水がいいところのお酒は最高ですね。そのほかにもたくさんオリジナル商品がありますのでお土産スポットとしておすすめです。


tengori002.jpg

美山路 酒の館(美山蔵)

京都府南丹市美山町南新高瀬13

TEL:0771-77-0007 




posted by Ferie Staff at 13:05| Comment(0) | Ferieロケこぼれ話・裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。