2016年07月26日

大空と大地の中で…。グルメの旅、北海道3日目

こんにちは、Ferie編集室の中村彰宏です。

楽しかった北海道旅行もいよいよ最終日。
この日は、札幌市内をサクッとバスの車窓から見物し、港町小樽へ移動という予定。

利用したのはジェイ・アール北海道バス。
ブログでバス会社さんの名前を出したのはおそらく初めて。というのも、ここの添乗員(バスガイド)さんに感動しました。なんといいましょうか、全てがスマートで、いやみがなく…。一言で云うと「S級のプロ」。伝え方ひとつで、こんなに和やかな気持ちにさせられるとは。「勉強になりました。」

img_0.jpg

さて、そんなガイドさんに説明いただきながらの札幌市内をバスでグルグルっと周りました。時計台・大通公園・北海道庁旧本庁舎・北海道神宮・大倉山ジャンプ競技場など。次に来るときは札幌市内中心に回ってもいいかな…。なんて説明を聞きながら思いました。

201606_hokaido_033.jpg

あっという間に札幌観光を終え、札幌自動車道で約1時間。鰊漁で栄えた歴史の街、小樽へ移動しました。最初に向かったのは「鰊御殿(にしんごてん)」北海道有形文化財・にしん漁場建築として民家ではじめて文化財に指定された場所だとか。生活用具や写真などが展示され、観光用にわかりやすくガイド説明もいただき小樽の歴史を学びました。

201606_hokaido_034.jpg

さて、そろそろ昼食とお土産物を求めて観光客で賑わう小樽運河へ移動します。日曜日ということもあり大型バスの駐車場も満車状態でした。まずは腹ごしらえ。北海道でまだ海鮮系は食べてなかったということもあり、迷うことなく海鮮系のお店が100軒以上、軒を連ねるといわれる「寿司屋通り」に向かいました。小樽運河付近には凄い人の波で賑わっていましたが、寿司屋通りは閑散とした雰囲気。また、どこに入っていいかもわからずウロウロとするばかり。しかも数少ない流行っるお店は、スグには入店できないといった様子。

201606_hokaido_036.jpg

最終的に、そこそこ人が入っていたお店へ入店することにしました。注文したのは海鮮丼と毛蟹の味噌汁。そこそこのお値段の海鮮丼を奮発。

「うーん。。。」

素材は新鮮だったのですが感動する味ではありません。漁師さんが営むお店っぽかったので素材はいいのですが、お母さんが腕を振るう店という印象。
自分自身を反省するならば寿司屋(板さんのいるところ)に入ればよかったということですね。

201606_hokaido_037.jpg

そろそろ、北海道の旅も最終フィナーレを迎えようとしています。フライト時間が近づいてきました。おっと、その前にお土産を購入しなきゃなりません。ここ小樽には、お土産屋さんも有名どころがたくさん集まってどこも大盛況。特に「小樽洋菓子舗ルタオ 本店」や「六花亭 小樽運河店」は飛ぶように商品が売れていました。この両店とも、百貨店ならどこでも買えるド定番にもかかわらず「本店やご当地は違うのよ」と、まるで魔法にとりつかれたかのように財布の紐を緩めます。
もちろん私もその魔法にとりつかれた一人。その甲斐あって家族も喜んでくれました。

201606_hokaido_038.jpg

久しぶりの北海道の旅、本当に楽しかったです。何度も訪れたくなりますね。次に訪れるときは、道北か道東あたりの大自然がいいかなぁ…。リフレッシュ休暇を利用してバイクツーリングもありですね。

201606_hokaido_039.jpg

おっと!その前に研修旅行で目のあたりにしたことを実現しなければ…。
仕事も遊びも楽しく…。
ですね。

では。
posted by Ferie Staff at 19:00| Comment(0) | フェリエな気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。