2016年07月13日

大空と大地の中で…。グルメの旅、北海道2日目

こんにちは、Ferie編集室の中村彰宏です。

社員旅行の2日目は完全フリータイムということで、大型免許をもつ同僚2人と私の3人でレンタルバイクを予約していました。バイク乗りにとって北海道は特別。その広大なスケールを感じ取れるのは日本有数の場所。そういう意味でもレンタルバイクとはいえ日帰りツーリングができるというだけで幸せ…涙モノです。そして、半月悩んでチョイスした車種は、イタリアのオシャレバイク、最新式の「ドカティー、スクランブラーSixty2」

Ducati Scrambler_ sixty2-650.jpg

オシャレでしょ。
夢に見た北海道の大草原、
颯爽と風を切るなんて・・・。

そんなことを夢見ていましたが、
なんと!深夜より
“ 雨 ”

201606_hokaido_010.jpg

この日のために何度もミーティングし、コースのことや安全のことについて話し合いました。もちろん雨についても事前に相談していて…。
今回は社員旅行という中での自由行動。会社の他のメンバーに対しても迷惑や心配はかけれません。突然の雨については致し方ないとして、スタート時からの雨については、断念しようと事前に話し合っていたため、今回はあきらめることにしました。「残念。」

201606_hokaido_012.jpg

雨の場合はレンタルバイクからレンタカーに乗りかえて、同じルートを走ることにしました。そのコースは、旭川から美瑛・富良野を駆ける…というルート。バイクのことはキッパリあきらめて、まずは道央自動車道でいっきに旭川鷹栖ICまで移動。せっかくなので旭川で人気のスープカレー屋さん「奥芝商店」へ早めのランチに向かいます。

201606_hokaido_013.jpg

早めに…と思って移動しましたが到着したのはすっかりお昼。スッと入店というわけにはいかず、30分待っての案内。昭和レトロな雰囲気が特徴的で、落ちついた佇まい。

201606_hokaido_014.jpg

注文したのは「プレミアム野菜カリー 1,380円+海老スープ(追加100円)」
野菜ソムリエさんが選んだという旬のシャキシャキ野菜と濃厚な海老スープの相性が絶品!
「なんじゃぁ〜このスープ!」
「うまぁー」
濃厚でクリーミーな海老さんのダシがカレーと合うんですね。わざわざ食べにきて本当に良かったと思いました。

201606_hokaido_011.jpg

ホントはもっと長居したかったのですが、この日のスケジュールはパンパンのテンコ盛り!先を急がねばならないので次の目的地、美瑛町の美しい大草原へ移動です。
まず向かったのはCMにも起用された美しい美瑛エリア。北海道らしい景色の代表格「パッチワークの路」の名所をご紹介します。

201606_hokaido_015.jpg
70年代を代表する名車、日産スカイラインのCMに採用されたポプラの木「ケンとメリーの木」

201606_hokaido_016.jpg
もう何本吸ったかわからないほどお世話になったタバコのCMから「マイルドセブンの丘」からまつ林。

201606_hokaido_028.jpg
最後も、タバコのCMから「セブンスターの木」カシワの木。

いやぁ〜、凄いロケーションです。空の色が残念ですが、それでもこの風景は圧巻。風に乗って大地の香りも楽しませていただきました。

201606_hokaido_017.jpg

そしてバイク乗りには有名な場所、ゆるやかなアップダウンから急降下、急上昇と、高低差が激しい2.5kmもの直線道路「ジェットコースターの路」も立寄りました。「ここ、信号もない道路なのでスピードに注意しないと…。」と、車内では大人の会話もなされました。

201606_hokaido_018.jpg

カレーの奥芝商店さんからここまで怒涛の観光ラリー。ストップ&ゴーの連続。少し疲れたのでホッとするスポットに美瑛放牧酪農場さんに立寄りました。ここのソフトクリームが「やばい」そうです。

201606_hokaido_019.jpg

素朴な農道を走り、観光名所「四季彩の丘」のちょうど裏側の方角にその牧場はあります。とてもきれいに整備されており、旅人に安らぎを提供してくれる心地いい場所でした。

201606_hokaido_020.jpg

早速そのソフトクリームを注文。生乳に砂糖以外のものを加えず、乳固形分を上げる製法で作っているそうで間違いなく「やばい」味でした。

また、ここで作られたラスクを少しお土産に購入したところ、北海道土産の中で一番美味しかったと家族に褒められたんです。「もっと買えばよかった」

美瑛放牧酪農場で、甘いものを食べ少しゆっくりさせていただいたので、旅の疲れが吹っ飛びました。

まだまだ旅は続くのですが
それは次のお話で
2日目の旅は続きます
では。
posted by Ferie Staff at 17:11| Comment(0) | フェリエな気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。