2015年10月14日

こぼれ話「Ferie vol.53」人と自然が共存する場所 吉野 第4話

こんにちはFerie編集室の中村彰宏です。

第4話をはじめます。


R0016226.jpg

私の住む堺市南区から吉野山はバイクで1時間ほど。
クルマだと・・・う〜ん、やっぱり1時間ほど。
吉野は皆さんが考えているよりずっと近いんです。
その気になればあっという間。

R0016204.jpg

そして、せっかくブログを更新するのだから、最新の吉野山紅葉情報をお届けしたと思い、サクッと走ってきました。
「バイクに乗るための口実やん・・・。」
そんな声も聞こえてきそうですが、
「その通り!」
気にしません。

R0016210.jpg

という訳で、第1話の最後に紹介した「高城山展望台」までひとっ走り。
昨日の写真をアップしますね。

R0016199.jpg

紅葉はもう少しといったところですね。
やっぱ11月かな?そんな感じでした。
また、ロケでは立寄れなかった「金峰神社」「吉野水分神社(世界遺産登録神社)へも参拝することができて満足です。

R0016220.jpg

おっと。
ツーリング情報はまたの機会にするとして、吉野で立寄った、
美人オーナーさんが切り盛りする、おいしいお店の紹介をしときます。
吉野山は美人ぞろいです。
いや、マジで。

R0016091.jpg

金峯山寺の山門の近くで季節料理を営む「初音」。
このロケで唯一の飛込み取材をさせていただきました。
下千本から上千本まで何回か往復して入店を決めました。
「こんなときの取材陣は、はなが利きます」
暖簾をくぐった瞬間、大ホームランとわかるほどいいお店。

yoshino_mise_06.jpg

注文したのは、おすすめ善の「初音」1900円と、吉野の食材(山菜・鮎・こんにゃく・葛)を使った料理「さくら善」2400円
これだけのお料理でこのお値段は安い!
どのお料理も丁寧に仕立てられた安心の日本料理は、とても美味しく自然と調和した感じ。
吉野に訪れたときにおすすめしたいお店でした。

0746-32-8455
奈良県吉野郡吉野町吉野山下千本
10:00〜17:00
不定休


yoshino_mise_05.jpg

お次は、吉野の名水とこだわり製法で、吉野山の豆腐といえば、こちらのお店。
中千本の「豆富茶屋 林」。豆腐店が営んでいる正真正銘の新鮮自家製豆腐。
注文したのは「豆腐づくし膳」1,300円

R0016179.jpg

とうふ店だけにその他のメニューも、豆腐ハンバーグ膳、湯豆腐膳、豆腐ラーメン膳、揚出豆腐、ザル豆腐をはじめ喫茶メニュでも豆腐パフェ、豆乳ソフトクリーム、豆腐シフォンケーキ、など店内まるごと豆腐づくしといった感じ。
ざる豆腐と愛称抜群のだししょうゆの味といったら、あーという感じ。

0746-32-5681
奈良県吉野郡吉野町吉野山551
9:00〜16:00
火曜日休(4・11月は無休)



posted by Ferie Staff at 01:48| Comment(0) | Ferieロケこぼれ話・裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。