2014年05月28日

弾丸フェリー 九州(別府・湯布院・阿蘇)ツーリング 3



こんにちは、Ferieフェリエ編集室の中村彰宏です。


ツーリング、ラストのお話は、
「 阿 蘇 ミ ル ク ロ ー ド 」
「 ラ ピ ュ タ の 道 」


弾丸フェリー 九州(別府・湯布院・阿蘇)ツーリング 1
弾丸フェリー 九州(別府・湯布院・阿蘇)ツーリング 2
弾丸フェリー 九州(別府・湯布院・阿蘇)ツーリング 3


20140524yamanami28.jpg


阿蘇ミルクロードは、45kmにもおよぶ草原地帯を快走できる道。
県道で交通量の多い「やまなみハイウェイ」に対して「ミルクロード」は広域農道。
交通量も少なく道も整備されているので、とっても走りやすいんです。
名前の通り、多数牧場が点在していました。
しかも、緑のじゅうたんの中を快走できる贅沢な道。


20140524yamanami19.jpg


そんなミルクロードから少し外れた場所に「ラピュタの道」があるのです。
草千里や阿蘇火口でゆっくりしすぎたせいで少し押ぎみ。
帰りの時間が気になり始めます。(温泉にも入りたいし…。)
とりあえず、ミルクロードを最後まで制覇した後に、「ラピュタの道」へ急ぎます。
事前に調べると、道幅も狭く急坂で、とても荒れた道とのこと。
それでもラピュタの道を通りたくて、山の麓から「ラピュタの道」を目指します。


20140524yamanami21.jpg


そして麓から走ること数十分、ようやく到着しました!
「 ラ ピ ュ タ の 道 」
岩に「ラピュタの道」って刻まれてます。


20140524yamanami29.jpg


ず〜と、立っていたい景色。
これまで私が見た景色の中でも3本の指に入るほどの絶景。

すばらしい!

「ありがとう、ラピュタの道」


20140524yamanami22.jpg


名残惜しいのですが、帰りのフェリーの時間も心配なので帰路につくことに。
途中、「長者原」で本日2度目の撮影。

「ありがとう、やまなみハイウェイ」


20140524yamanami24.jpg


いつも思うことですが、帰りはあっという間。
いろいろ、長居してしまいましたので温泉に入る時間はありませんでした。
フェリー出航1時間30分前には別府に到着。


20140524yamanami27.jpg


1時間前には乗船手続きとなりますので、
残り30分を優雅に過ごそうと、
ガソリンスタンドで聞いた「大分名物とり天」のうまい店に即効移動。
フェリー乗り場からバイクで5分ほどの「民芸茶屋 味蔵」さんへ


20140524yamanami26.jpg


注文したのはもちろん「とり天定食」870円。
驚きのとり天ボリューム!とお櫃に入った白ご飯がナイス!
赤だしの味噌汁と茶碗蒸しまで付いて、本当に870円?
地鶏ならではのコリコリした歯ごたえがたまりません。
ガソスタのお兄さん有難う。「美味しかったです」

【お店データ】
民芸茶屋 味蔵
TEL(0977)21-0548
大分県別府市石垣東6-7-39
[昼] 10:30〜15:00(os 14:30)
[夜] 17:00〜22:00(os 21:30)


20140524yamanami20.jpg


弾丸フェリー九州ツーリング、最高でした。
「毎年、走りたい!」そんな場所でした。
リフレッシュ度120%となりましたので、
また、仕事がんばります。


では。


本日の走行距離 297km
燃費      22.6km/ℓ


弾丸フェリー 九州(別府・湯布院・阿蘇)ツーリング 1
弾丸フェリー 九州(別府・湯布院・阿蘇)ツーリング 2
弾丸フェリー 九州(別府・湯布院・阿蘇)ツーリング 3


posted by Ferie Staff at 18:30| Comment(2) | バイクでおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懐かしく拝見しました。
私も同じ時期に同じコースを友人4人で走っていました。
あれから全員阿蘇の虜になり今年もまた走る予定をしています。
Posted by maron at 2015年05月16日 21:09
カキコミありがとうございます。
「阿蘇の虜」 わかります!
今年も予定されてるんですね(いいなぁ〜)
なんとか休みを捻出して、私も走りたいです。
Posted by at 2015年05月18日 11:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。