2016年12月06日

こぼれ話「Ferie vol.57」神が宿る、水の国。熊野 第3話

こんにちは、Ferie編集室の中村彰宏です。

こぼれ話「Ferie vol.57」神が宿る、水の国。熊野 第2話
こぼれ話「Ferie vol.57」神が宿る、水の国。熊野 第3話

皆さんは「黒飴 那智黒」のCMを覚えていますか?可愛らしいお婆ちゃんと黒人男性のゴーゴー♪。
  那智黒、へいへ〜い!
  OH!黒飴、那智黒!
那智の大滝への道中、あろうことかこの歌が頭の中でくるくるとヘビーローテーション。日本三大名瀑にも数えられ高さ水量ともに日本一。しかも瀧自体が神様と祀られる大滝を目前にしても、つい口元が緩んでしまう。
恐るべし、那智黒CM。

さて、話を進めましょう♪(笑)

kumano03001.jpg

ホテルを後にして、どうしても撮影したかったのが熊野古道大門坂。樹齢800年と記されたクスノキやスギの大木が続く原生林の狭間に湿気を帯びた艶やかな石畳が続きます。これぞ世界遺産といえる清らかな熊野古道の象徴的な風景です。

kumano03003.jpg

我々が向かう先には、熊野三山の一角「熊野那智大社」と西国三十三所の一番札所である「那智山青岸渡寺〜せいがんとじ〜」。時間に余裕がある方と健常者なら大門坂駐車場より歩いて参拝をオススメします。時間のない方や体力に自信がないかたはクルマでも上がることができます。

kumano03006.jpg

青岸渡寺から見る三重塔と那智の大滝はいつ見ても感動的。記念写真はキチンと参拝してから。このほうがご利益がありそうなのでいつもそうしてます。

kumano03007.jpg

そして、滝自体が御神体の飛瀧神社こと那智の滝へ向かいます。ずっと見ていても飽きない神の瀧。落差133mより水塊が落下するにつれ飛散する飛沫(しぶき)は参拝したすべての人に分け与えられるのです。それだけで参拝した甲斐があると思えるのです。

kumano03008.jpg

瀧のすぐ近くで参拝することができる御瀧拝所。途中、延命長寿の水を授かった後に向かいました。今年一年を振返り、来年へさらなる飛躍を誓う編集室でした。

kumano03009.jpg



kumano03002.jpg
熊野那智大社
0735-55-0321
東牟婁郡那智勝浦町那智山1
5:30〜16:30(参拝自由)



kumano03005.jpg
那智山青岸渡寺
0735-55-0001
東牟婁郡那智勝浦町那智山8
5:00〜16:30(参拝自由)



kumano03010.jpg
那智の大滝(熊野那智大社別宮 飛瀧神社)
東牟婁郡那智勝浦町那智山
7:00〜16:30(参拝自由、御瀧拝所300円)


posted by Ferie Staff at 19:50| Comment(0) | Ferieロケこぼれ話・裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

こぼれ話「Ferie vol.57」神が宿る、水の国。熊野 第2話

こんにちは、Ferie編集室の中村彰宏です。


世界遺産の聖域を雄大に流れる熊野川とその支流にあたる北山川には全長31kmにも及ぶ大渓谷の“瀞峡〜どろきょう〜”が形成され、奥熊野のパワースポットとして人気のエリアとなっています。広大な自然のパワー(水量)で少しずつ侵食を繰り返し削られた岩が切立ち、まるでアドベンチャーシネマ。

kumano02003.jpg

そんな秘境へ連れて行ってくれるのが、高圧の水流を噴出して浅い川底でも進むことが可能なウォータージェット船。超速いんです。簡単にいうと50名乗りのジェットスキー。

kumano02002.jpg

以前にも乗船したことがありますが、テーマパークのアトラクション同様なんど乗ってもワクワクします。しかも往復約2時間も楽しめるというのですからたまりません。瀞峡までの道中で、たまに現れる浅瀬では船底をガッガッガッ!っと削りながら、そして時にはドォーンっとバウンドしながら進むのがジェットコースター的な感じで最高っす。

kumano02005.jpg

そして瀞峡に到着すると屋根がウィーンっと開き、船はゆっくりと進みだします。オープンされた船は開放感たっぷり。視界が一気に開け、切立った岩の造形が現れるのです。その中には甲羅干しをしている亀に似た“亀岩”をはじめ“獅子岩”や“こま犬岩”といった変わった岩まで楽しめる様は、ディズニーランドのジャングルクルーズを思い出してしまいます。

kumano02004.jpg

プライベートや取材も含めた中で、数々の観光船に乗船した中で、ここの船はピカイチ。

ウォータージェット船
瀞峡めぐりの里
0735-44-0331(志古乗船場)
新宮市熊野川町日足272
9:00〜17:00(乗船は9:30〜14:30まで)
年中無休
乗船大人3,440円、子ども1,720円



今宵の宿は、瀞峡めぐりの里、ウォータージェット船 志古乗船場からクルマで約40分ほどの、勝浦温泉 ホテル中の島。紀の松島に浮かぶ島全体がホテルという超大型の宿。

kumano02006.jpg

見どころ満載ですが、我々の世代にとって欠かせないのが露天風呂。ここ中の島の“紀州潮聞之湯”は、その辺の温泉とはスケールが違います。島内に源泉6本を保有し、1日800トン、毎分560リットルと豊富な湯量を誇る天然温泉100%の温泉です。すべて源泉掛け流しの天然温泉。その名の通り太平洋の潮の音を間近に聞きながら入ります。私は3層に分けられた露天風呂の中から、海から一番遠く、温度が高い洞窟の中で疲れを取りました。

kumano02016.jpg

温泉をいただいた後は、とれとれの海の幸。中の島をとりまく黒潮の海で育った活魚料理は豪快そのもの。お酒も進み撮影終了時にはすっかり出来あがってしまい部屋に戻るとドロのように寝入ってしまいました。

kumano02008.jpg

おかげで取材疲れ一切なしで翌朝はスッキリ。カメラマンの松浦ちゃんとライターの木村ちゃんには悪いが、早朝、叩き起こして対岸の港、勝浦漁港でマグロの競りを取材しました。

kumano02007.jpg

ここ勝浦漁港は日本有数の延縄漁法による生鮮マグロの水揚げ高を誇ります。見学者のための見学デッキもあるので早起きさえできれば誰でも見ることが出来るのです。その日は、外国の方の見学者が多かった印象。熱心に観覧されていました。

kumano02011.jpg

競りの方法は仲買人さんが一本一本吟味して札に値段を書き込み入札するという方法。一発勝負で決定されるので入札は真剣そのもの。競り落とされたマグロはあっという間に出荷の工程へ進みます。

kumano02012.jpg

少しだけお話を聞かせていただいたところ、鮮度がいいほどマグロも美味しいのかなと思っていましたがそうではなく、少し寝かせてから食べるほうが旨みが強くなるそうです。

kumano02015.jpg

見学を終え港をぶらり散歩していると漁師さんが網を繕っている姿が見えましたので、お邪魔しない程度の距離を保ち近づいてみるとなにやら白い箱の中でうごめく姿が…。箱の中にはそこそこのサイズのイセエビちゃんがわらわら。その網は伊勢エビ漁の網だったんですね。「うまそー」っと思いながらも次の撮影があるので一旦ホテルへ戻りました。

kumano02014.jpg

そして、その撮影とは、今回の表紙にもなりました紀の松島。逆光ですが透明感があり清々しい気持ちになる美しい一瞬でした。中の島さんの遊歩道を進み山上展望台から望む絶景の場所。

kumano02001.jpg

この景色を見るために、ホテル中の島さんへ宿泊するのもアリと思える光景でした。

ホテル中の島
0735-52-1111
東牟婁郡那智勝浦町大字勝浦1179-9
1泊2食料金 10,500円〜(1室2名利用の場合)

勝浦漁港(魚市場)
東牟婁郡那智勝浦町大字築地7-2


posted by Ferie Staff at 20:47| Comment(0) | Ferieロケこぼれ話・裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

こぼれ話「Ferie vol.57」神が宿る、水の国。熊野 第1話

こんにちは、Ferie編集室の中村彰宏です。


今回の旅は熊野。紀伊半島の南部に位置するこの場所へ向かうには大阪からだと、3つのルートが予想されます。紀伊山地の険しい山を北から南へ、縦に越える国道168号線ルート。紀伊田辺を経由して西から東へ横に抜ける国道311号線ルート。そして海岸線をトレースするように走る国道42号線ルートに分かれており“昔から”アクセスはあまりよくない印象でしたが、“最近では”道路事情もよくなり、私個人の見解ですが、ドライブやツーリングコースとしては関西圏でも有数の景観に優れた気持ちのいい道へと変貌しているのです。特に進化したのが海岸トレースR42ルート。ズドンと高速でワープしたいのならコレ。阪和自動車が、すさみ南まで延びたことの影響が大きいのですが、新宮から太地町付近までバイパスの那智勝浦新宮道路が開通しておりさらにアクセスが楽になっていました。

kumano01001.jpg

さて、熊野といえば世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されていることは誰でもご存知でしょうが、星つきでレストランを評価することで有名な「ミシュラン」の観光地版で外国人の多くの方に読まれている「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」においても三つ星をいただいていることをはじめて知りました。ここでの評価は世界的に認められたという指標にもなっているそうです。どうりで外国人旅行客がわらわらいたのですね。

★★★「わざわざ旅行する価値がある」
★★ 「寄り道する価値がある」
★  「興味深い」

景観であれ、
美食であれ、
歴史であれ、


熊野は、素晴らしすぎるんです。

前置きはこの辺にして、こぼれ話をはじめましょう。

kumano01008.jpg

紀伊山地の山中に鎮座し古式床しい雰囲気の熊野本宮大社を中心にしたエリアには、良質の温泉がたくさんありまして、そのすべてをご紹介したかったのですがその代表格として世界遺産のお湯「湯の峰温泉 つぼ湯」をご紹介しました。

kumano01006.jpg

どのガイドブックを見ても、同じような写真ばかりなんですが、うちの松浦ちゃん(カメラマン)は違います。いきなり「入浴してもいいですか?」っと。ライターの木村ちゃんがお話を聞いてる隙にササッと脱いで、ザブーン。松浦ちゃんの中に画が浮かんだんでしょうね。入浴している目線からパシャパシャ撮り出したのです。「どの観光情報誌を見ても同じような写真ばかり・・・」と、移動中の車内で話していた会話にに反応したのでしょう。プロ根性を見せていただきました。

kumano01007.jpg

カメラのモニターで確認すると「えー写真やなぁ」って思っていましたけど、誌面での扱いはそれほどでもありません。(ゴメンネ松浦ちゃん。)なので、せめてブログで大きく取り上げさせていただきます。
つぼ湯は30分交代制(大人770円)。洗い場はありません浸かるのみ。洗髪や身体を洗いたい場合はスグ近くの湯の峰温泉公衆浴場を利用することになります。こちらも、えー感じでした(大人250円)

kumano01005.jpg

また、取材時期にはオープンしていませんでしたが、これからの季節なら、川底を掘ればお湯が沸く。大塔川をせき止めて冬季限定の野趣あふれる日本一の大露天風呂「川湯温泉 仙人風呂」とセットで入浴してはいかがでしょうか。クルマで10分程度の移動。

湯の峰温泉 つぼ湯
0735-2-0074
田辺市本宮町湯峰110
6:00〜21:30(湯の峰温泉公衆浴場)
無休(但し、清掃日年2回と天候によって休日の場合あり)
入浴料大人770円 ※予約不可



kumano01010.jpg

つぼ湯で温まった後,向かったのが、熊野三山のひとつ熊野本宮大社。紀伊半島屈指のワインディング道路、ドライブでもツーリングでも頻繁に利用する国道168号沿いに高さ日本一を誇る大鳥居が目印。

kumano01003.jpg

本殿は道を挟んだ高台に現在は移築されています。

kumano01004.jpg

158段の石段参道を登り、総門をくぐると檜皮葺の威厳に満ちた社殿が姿をあらわします。主祭神は家都御子大神が祀られています。取材したのは10月下旬頃でしたので社殿前の門の絵馬は“申”でしたがこの頃より新年の準備に取り掛かるそうで“酉”の絵馬や、一文字の準備もされるそうです。

kumano01002.jpg

熊野信仰の総本山のひとつで凛としたオーラをひときわ感じることが出来る熊野本宮大社で参拝した後は、茶房 珍重庵 本宮店の、熊野もうで餅をいただきました。お抹茶付きで350円。あまり大げさに 「 う ま い 」 なんていってしまうと宣伝しているようで“アレ”なんですが、ここは恐れず、断言してしまいます。
 マ ジ 旨 い  
      お 団 子 セ ッ ト   です。
お土産としての販売もありますが、是非現地でご賞味ください。

kumano01009.jpg

熊野本宮大社
0735-42-0009
田辺市本宮町本宮1110
8:00〜17:00(参拝自由)

茶房 珍重庵 本宮店
0735-42-1648
熊野本宮大社前 瑞鳳殿内
9:00〜16:00
不定休(基本は水曜休、年末年始は無休)


posted by Ferie Staff at 16:40| Comment(0) | Ferieロケこぼれ話・裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

Ferie vol.57 発行しました。

こんにちは、Ferieフェリエ編集室の中村彰宏です。

久々の更新ですが、お元気でしょうか?
ところで本日は、Ferie vol.57 12月号の発行日です。

x1.jpg

今回の巻頭特集は

神が宿る、水の国。熊野

 今回フェリエ編集室が目指したのは、神が宿ると伝えられる「熊野」。紀伊山地の豊かな自然に抱かれた聖地や温泉、さらに山海の幸まで、様々な魅力が満載のエリアです。訪れると、感動のシーンに出会える絶景や、地元ならではの美味、さらに心身ともにリセットできる癒しスポットなど…。気づけばすべての源は“水”にあり、静かで優しくもありながら、圧倒的なパワーを解き放っていまして。
 旅のお供となるのはドライブをより快適に楽しませてくれるジャガー「XJ LUXURY」。スムーズな走行と心地よい乗り心地、時には力強さまで感じさせてくれる頼もしい存在です。充実の大人ドライブを満喫し、来年へのパワーを注入した旅となりました。

※ ※ ※ ※

掲載できなかった、こぼれ話は少しずつUPしますので、ちょくちょく遊びに来てくださいね。


では。


posted by Ferie Staff at 16:57| Comment(0) | Ferieロケこぼれ話・裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

琵琶湖、湖東へ。マスツーリング(近江八幡、八日市)

こんにちは、Ferie編集室の中村彰宏です。


10月というのに気温が高いですね。一般的にクールビズって9月末までのことを指すようですが、気温には勝てません。いまだ半袖で通しています。


さて、今日はツーリングのお話し。マスツーで滋賀県の近江八幡へ行ってきました。マス=集団、大量で。メンバーは、もちろんトミタオートに集う仲間10名。


そもそもバイク乗りはわがまま。自由を求めてソロツーをするのだが、そればかりだと、人恋しくなり、人恋しいからと仲間とばかり走ってると急に自由がほしくなる。私の今は、仲間と走りたいモード。


oumitu10.jpg

トミタオートから誘ってもらえるのはめちゃめちゃ嬉しいんです。

前回も申し上げましたがトミタオートは50年を超えるバイクショップ。メンバーの中には先代から出入りしている超ベテランさんもいらっしゃいます。わたくしは5年以下の新参者ですが仲良くさせていただいてます。


他のツーリングクラブやショップ主催のツーリングでどこに行ったなどの活動模様はネットで見ることができるのですが、その雰囲気まではわかりません。トミタオートのツーリングは一言でいうなら「大人の社交場的ツーリング」かな…。


oumitu01.jpg

個人の領域をある程度守りながら、会話が成り立つといった感じ。他人の家に土足であがりこむような下品なトークにはならない。また、自慢話が横行したりしないように自制しながら、ツーリングの情報や最新機種の話をしているといった感じ。


ほんと、みなさんジェントルマンでございます。


さてさて、近江八幡ツーリング、最初の休憩場所は琵琶湖を優雅に遊覧し軽食からコース料理といったお食事を楽しみながらクルーズする贅沢な観光船「ミシガン」の発着点でもある大津港マリーナ。週末はイベントも多く開催しているようで、私たちが立ち寄った時は「フラダンス」の発表会が行われていました。


oumitu03.jpg

また、お昼前に休憩したのが「琵琶湖国定公園、湖岸緑地岡山園地」。普通に走っていると見過ごしてしまうような所なのですが、さすがツーリング隊長よくご存じです。隊長は前回に引き続き西田さん。前回はW650で、そして今回はCB400SSで参戦です。ご存知の方はわかると思いますが玄人受けするナイスバイクです。(俺は好きっすよ。この類のバイク)


oumitu04.jpg

さて、休憩の雰囲気をパチリ。駐車場に止めてとりあえず琵琶湖まで散歩。雑木林を抜けるワクワク感がいいですね。マリンスポーツを楽しむ人でいっぱいでした。若いギャルを侍らしながらジェットスキーを楽しむ中年男性を羨ましいなんて・・・。思ったりしません。


oumitu05.jpg

昼食は近江八幡で人気の「初雪食堂」さん。数々のドラマや映画のロケ地となる近江八幡市、壁一面には有名人のサインがありました。最近CSで見た「るろうに剣心」の佐藤健さんも来店されていたようです。観光地ですので近江牛のお店や、懐石料理などしっかりとしたお店が多い中、普通のめし屋さんはありがたいですね。人気店なのもうなずける味でした。おすすめは?っと聞かれれば「好きなもん注文したらええねん。なんでも美味い」っとお答えします。あと、めしの量はハンパありません。どんぶりサイズのお茶碗にてんこ盛りです。


oumitu07.jpeg

そして、近江八幡の観光スポットといえばここ日牟禮八幡宮界隈。少し長めの滞在です。バイクを降り八幡堀をプラプラ歩いたり、お土産どころのクラブハリエでお買い物をしたりそれはそれで楽しい時間。さすが隊長、観光時間もしっかり組み込むあたりは「いいね」3つあげたいくらいです。走るだけがツーリングではありません。こと、マスツーリングではバイクを通じてその土地のことをみんなで知るというのも醍醐味の一ですね。走るだけならソロツーで充分ですし。


oumitu08.jpeg

最後に向かったのは「八日市ようかいち」湖東随一といわれた遊郭跡を散策してきました。古くは、八のつく日に市が開催されたことが八日市という名前の由来。商業都市として栄えていたそうです。少し散策してみましたが、ほぼ廃墟に近いようすですが、夜になれば営業されている店もあるかもしれませんね。


oumitu11.jpg

昭和な雰囲気がお好みという方や、懐かしさを思い出したいときなどいかがでしょうか。私には幼いころ見ていたセピア色の景色が思い出されました。近江八幡のように古くから続き今もそしてこれからも栄えていくことができる都市もあれば、取り残されて廃墟となってしまった都市もある。

そういえば、駅前でバイクを置かせていただいた工事現場付近では新たにビジネスホテルの建設が進められていました。今は廃墟かもしれませんが時がたてばまた復活するのかもしれませんね。


oumitu12.jpg

近江八幡ツーリングいかがでしたでしょうか。最後は京田辺インターで解散となりそれぞれの居場所へ帰りました。


お土産に買ったクラブハリエのバームクーヘンは久々のヒット。

では。


posted by Ferie Staff at 14:21| Comment(0) | バイクでおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする